★急成長中の後払い産業の全てを解説しています!!利用方法や現金化方法を参考にして下さい★

クレジットカードスキミング被害とは?

クレジットカードの犯罪でよく聞くスキミングとは、他人のクレジットカード情報を抜き出し偽造カードを複製し不正利用する事です。

​​

特殊な機械に通してクレジットカードの情報を抜き取ります。


ATMに細工をしてカード情報を抜き取り、カメラで暗証番号を録画するスキミングが世間を騒がせました。

スキミング被害は身近なところでたくさん起こっています。

​​

空き巣に入りクレジットカードから情報を抜き取ったり、飲食店やゴルフ場やマッサージ店など様々なクレジットカード取扱店でスキミングは行われています。

​​

スキミングされてしまうとクレジットカードは手元にあるので気が付かない間に利用されて、支払日になったら高額の請求がきたり現金を引き出されたりします。

​​

遠隔通信で直接クレジットカードを通さないでカード情報を抜き取ることもできます。


カードが財布やカバンの中に入っていても特殊な機械を近づけるだけで情報を抜き取られてしまします。

​​

こうなってしまうと被害にあわないように自分自身で対策を講じるしかありません。

​​

ICタイプのカードにしたり、盗難保険の付いているカードにしたり、推測させにくい暗証番号にして定期的に暗証番号を変えたり、利用履歴を頻繁に確認するようにするなど対策し被害にあってしまった場合は、出来るだけ早くカード会社に連絡をして被害の拡大を防ぎましょう。

​​

スキミングの被害を完全に防ぐ方法はありません。

ただ被害にあう確立を下げることはできます。

防犯グッズなども手ごろな価格で売っていますので、出来ることからでも対策していくように心がけましょう。