★急成長中の後払い産業の全てを解説しています!!利用方法や現金化方法を参考にして下さい★

ショッピング枠現金化に適したカードは?

クレジットカードのショッピング枠の現金化をするのにも向いているカード、向いていないカードとあり、現金化ができないわけではないがしないほうがいいカードというのもあるようです。現金化の当日は何事もなかったのに後日カード会社から利用歴の確認があったり、用途の確認があったりとクレジットカード発行会社によってはこういった対応が必要な場合があるようなので、クレジット現金化をするのに適したカードを探してみました!

クレジットカードの発行は誰でもできるわけではなく、新規申し込み時に保有資産や収入、申込者属性、過去の金融履歴から審査をし発行となります。この審査はカード会社によってまちまちで過去に支払いの遅れがあったけど新規で発行できるクレジットカードがあったり、持ち家で過去に支払いの遅れもないのに発行を断られた!なんてケースもあるくらいです。クレジット現金化をするにはこの事前審査が比較的甘く、クレジットカードの発行が容易にできるカード会社をねらうのがいいでしょう。

【審査基準が甘いクレジットカード】として有名なのは

・楽天カード

・ACマスターカード

・セディナカードJiyu!da!

・エポスカード

・Yahoo!JAPANカード

・イオンカードセレクト などが挙げられます。

クレジットカードには発行会社によって系統が分けられていて

・信販系カード

・銀行系カード

・流通系カード

・交通系カード

・消費者金融系カード

・外資系カード 等に分類されます。分類されたカードの中では消費者金融系のカードが一番審査が甘く発行も容易ですが、数もそれほどなく、クレジット現金化を利用される方の中では発行済みの方も多いことでしょうから審査の通りやすい本命のカードは流通系、交通系のカードになりそうです。

何より流通系、交通系のカードは知名度も高く人気もありますのでクレジット現金化以外でも利用の価値はあるでしょう。逆に銀行系カードや外資系カードはブランド力も高くステータス性も高いため審査が甘いということはないでしょうからステータスを求める方にはお勧めのカードです。

一概に審査が甘い、発行が容易と言い切ることはできませんが上記のカードが発行元の公式サイトでアナウンスされている審査基準で年収、属性の指定がないため審査が甘いとされているようです。手持ちのクレジットカードの枠は限度額がいっぱいという方や限度額は空いてるけど枠が足りない方で新規でお申し込みを検討中であれば楽天カード、ACマスターカード、セディナカードJiyu!da!、エポスカード、Yahoo!JAPANカード、イオンカードセレクトでのお申し込みがおすすめです。